雨にも負けない頼れる相棒

らいおん建築事務の代表取締役でありネオ精進料理提唱者でもある嶋田洋平さん(40)の思い出の黄色は“FREITAGの黄色い鞄”。

事務所の外でいつでも打ち合わせができるようPCやタブレット、仕事にまつわるたくさんの資料を持ち運んでいる嶋田さん。

5年前の開業当初は手提げカバンを使っていたけれど、夏には汗で手が滑ることも。そんなとき、トラックの帆を再利用して作られている丈夫なFREITAGの鞄を知り、リノベーションっぽくかっこいいと思い即購入。

どうして嶋田さんは黄色に惹かれたのか?

------------
“らいおんのロゴが黄色だったというのもありますが、黄色はどんな時も暗くは見えない。むしろ黄色いと楽しそうに見えるから。
------------

そんな効果もあってか、5年前の開業直後から2年間使用している間に仕事は右肩上がりに増えたそう。2年間嶋田さんの相棒として活躍したこの鞄たちも今は役目を終えてお休み中。
そんな相棒を次に使う人へ嶋田さんからメッセージ。

------------
“このかばんを持つと仕事がめっちゃくるよ!
実際僕自身も黄色の鞄にしてから仕事が増えた。
このかばんを持って社会に貢献してくれると嬉しいです。


※こちらの商品は、内側のマジックテープの一部に糸のほつれがあり、約14㎝程はがれているので、ご利用の際は縫ってお使いください。

¥ 10,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

通報する
  • Home
  • About